○湖西市介護予防拠点施設設置条例施行規則

平成15年3月17日

規則第7号

(開館時間)

第2条 湖西市介護予防拠点施設(以下「センター」という。)の開館時間は、午前9時から午後5時30分までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 センターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週月曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めるときは、センターを開館し、又は休館することができる。

(平24規則35・一部改正)

(施設の利用時間)

第4条 市長は、前2条の規定にかかわらず、条例第5条各号に掲げる施設を、午前9時から午後9時30分までの間利用させることができる。

(利用許可の手続等)

第5条 条例第5条の規定により施設を利用しようとするものは、湖西市介護予防拠点施設利用許可申請書(様式第1号)を利用する日の3か月前から3日前までの間に市長に提出しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認める場合は、この限りでない。

2 市長は、前項の規定による申請書の提出があったときは、これを審査し、適当と認めるときは、湖西市介護予防拠点施設利用許可書(様式第2号)を、利用条件を付して交付する。

(利用権の譲渡禁止)

第6条 施設の利用許可を受けたもの(以下「利用者」という。)は、利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(利用許可の取消し等)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、その利用の許可の取消し又は利用の停止をすることができる。

(1) 条例又はこの規則に違反したとき。

(2) 利用の許可条件に違反したとき。

(3) その他管理上支障があるとき。

2 前項の規定による取消し又は停止により、利用者が損害を受けることがあっても、市はその責任を負わない。

(開館時間外及び休館日の利用方法)

第8条 利用者は、開館時間外及び休館日に施設を利用する場合は、事前に鍵及び利用簿をセンターから借用するものとする。

2 施設の利用後は、速やかに鍵及び利用簿をセンターに返却するものとする。

(遵守事項)

第9条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

共通事項

利用の申請及び鍵の受渡しについては、指示された時間を守ること。

利用後は、備品類を元に戻し、清掃をして利用前の状態に戻すこと。

利用の際に出たごみや持ち込んだ器材等は必ず持ち帰ること。

利用予定の施設以外の施設へは立ち入らないこと。

他人の迷惑となるような行為をしないこと。

その他管理上必要な指示に反する行為をしないこと。

調理研修室

常に清潔に保ち、調理の残菜及び食べ残しは必ず持ち帰ること。

調味料、食器、ふきん等は利用の都度持ち込み、常に置いておかないこと。

利用後は、ガスの元栓を必ず閉めること。

(原状回復の義務)

第10条 利用者は、施設の利用を終了したとき又は第7条第1項の規定により利用の許可を取り消され、又は利用を停止されたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

附 則

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成24年5月28日規則第35号)

この規則は、平成24年7月1日から施行する。

画像

画像

湖西市介護予防拠点施設設置条例施行規則

平成15年3月17日 規則第7号

(平成24年7月1日施行)